SEO対策で、有効にアプローチ

SEOとは、サーチエンジンオプティマイゼーションの略です。
要するに、WEBページの検索上位表示のことですね。
膨大な量のWEBページの中で、人にページを見てもらうには、何らかのキーワードで検索した閲覧者に対してページがあることを認識してもらう必要があるというのが第一歩となります。
『食べ物』『健康』というキーワードで検索した人にターゲットを絞ってページを表示強化しようとすると、自分の作ったページ以外の多くのページが優先して表示されることでしょう。
ありふれたキーワードであり、検索する人が多い言葉であるが故、競合対象が非常に多くなります。
自分のページが上位に表示されにくくなるという事です。
しかし、『野生種プルーベリー』『視力回復』等と絞ると、検索する人は減る事となるでしょうが、前者に比べて検索された時のページが上位に表示されやすくなります。
アプローチしたいターゲットが明確であれば、キーワードを絞ったほうが有利になるという事ですね。
SEOが必要なのは、WEBページを作っただけでは、多くの人に見てもらえないということですね。